カテゴリ:属性的にはノーマル(ショート)( 40 )

出会いと別れ

色んな出会いがあって
別れもあって
そんな日常の繰り返し。

それでも私は歩いて行かないといけない。
其々の道があるから。

ほんと些細なことで躓いても、
立ち上がってまた歩く。

其々の道を歩み出した友よ

ふと振り返れば思い出がたくさんで
涙が出てくるけれど
共に過ごせた時間はかけがえの無いもので
今も私の中で生き続ける。

友よ、また何処かで会おう。

----- キ リ ト リ -----
[PR]
by rikka-mode | 2005-12-13 00:00 | 属性的にはノーマル(ショート)

冬とシリウス

シリウスが輝く時

僕等はきっと出会うだろう。

白銀の雪が積もる時

僕等は再び舞い降りる。

桜咲く時

僕等は再び別れを告げるだろう。

そしてまたシリウスが現れる。

そうしてキミに冬のおとずれを告げるだろう。

----- キ リ ト リ -----
[PR]
by rikka-mode | 2005-12-02 00:00 | 属性的にはノーマル(ショート)

君の姿

君と居た数々の思い出。

振り返りながら写真のアルバムを開く。

君と笑った顔
君が怒った顔
君の泣いた顔

色んな君がそこに映っている。

君は照れ臭そうにその写真を見ている。

君は今もずっと変わっていない。
このままの君でいて欲しい。

そう思った。

----- キ リ ト リ -----
[PR]
by rikka-mode | 2005-12-01 00:00 | 属性的にはノーマル(ショート)

七夕

遠く離れていても、心は貴方の傍にいる。
いつも貴方と繋がっているのだから。
空に瞬く星々が1番輝く日にまた会えると、

そう言って、貴方と私は離れ離れ。

貴方の顔が見たくて
貴方に抱き締めて欲しくて
貴方の声を思い出す日々。

そうして、月日が流れ空を見上げる。

そして、思い出す。

今日は貴方との日。

貴方に会える事を嬉しく思いながら。
私は貴方の元へと。

人々は空を眺め、こう言う。

今日は七夕と。

----- キ リ ト リ -----
[PR]
by rikka-mode | 2005-11-22 00:00 | 属性的にはノーマル(ショート)

今宵もまた。

キミはとても美しい。

キミとは叶わぬ思いであっても。

キミを思う度、

キミを忘れられなくて。

今宵もまた、キミを思う。
今宵もまた、キミに祈る。
今宵もまた、キミを見る。

キミは今宵の空に輝きながら、時は過ぎて行く。

キミは今日も美しく輝いている。

----- キ リ ト リ -----
[PR]
by rikka-mode | 2005-11-21 00:00 | 属性的にはノーマル(ショート)

君の風


 僕は君の風になりたい。

大空を駆け巡る一筋の神風の様に、
 君の奇跡を起こす風となりたい。

乾いた大地を吹き付ける突風の様に、
 君を遮るものを守れる風となりたい。

穏やかな木々の間から漏れる春風の様に、
 君に優しさを与えらえる風になりたい。


僕は君だけの風になりたい。


 キミのココロに訪れる風に・・・。

----- キ リ ト リ -----
[PR]
by rikka-mode | 2005-11-18 00:00 | 属性的にはノーマル(ショート)

In the Future

昨日のアタシはもういない。

  一瞬一瞬を生きている。

昨日のアタシはもういない。

  一秒一秒の中で成長している。

昨日のアタシはもういない。

  一歩一歩をひたすら歩いている。

時には立ち止まる事もあったけども、
 それでもアタシは生きていかなきゃいけない。

泣くことなんて出来ない。

 明日へとアタシは在り続けなきゃいけない。


時間は待ってはくれないから。

----- キ リ ト リ -----
[PR]
by rikka-mode | 2005-11-16 00:00 | 属性的にはノーマル(ショート)

素直な気持ち

君は物凄く不器用な人。
素直に笑う事が出来なくて、
本音とうらはらな言葉しか言えない。

でも君の行動が見ていて面白くって、
時に素直になる君を見るのが好き。

君に好きって言っても、
物凄くそっけなくって、
僕はいつも君の気持ちを疑ってしまう。

でも、君が好きだから、君の傍にいる。

君が好きだから、君の事を思う。
キミの素直に笑っている顔が好きだから。
好きだからキミを見守っていきたい。


こんな気持ちってだめ?

----- キ リ ト リ -----
[PR]
by rikka-mode | 2005-11-15 00:00 | 属性的にはノーマル(ショート)

深紅に色付く木々の葉は、
紅蓮に燃え盛る炎。

風に揺れる度、木々はざわめき、
風に舞う葉は、炎の舞のごとし。

風の音と木々の音と共に
地面に敷き詰められた葉は、
一面に広がる深紅の絨毯。

そんな美しい風景を通り抜けるその一瞬は、
冬の訪れを告げる自然の摂理。

----- キ リ ト リ -----
[PR]
by rikka-mode | 2005-11-14 00:00 | 属性的にはノーマル(ショート)

薔薇姫

キミはバラのような人。

微笑む姿はとても可憐でカワイイのに、
いつも素直じゃなくて
小さなトゲでチクチクっと僕を刺す。

でも、そんなキミが好き。

いつも素直じゃないキミが好き。
素直に微笑むキミを知っているから。

----- キ リ ト リ -----
[PR]
by rikka-mode | 2005-11-13 00:00 | 属性的にはノーマル(ショート)