2005年 10月 19日 ( 1 )

"私というもの"

私はあの時二人になっていた。
弱い自分と
強がる自分に。

いつも自分の弱い所を
見ないままに歩いていた。
いつも強がる私がそこに居た。

でも弱さは
いつか見なくてはいけなくて
でもそれは
凄く怖くて嫌で
自分自身というものを素直に見る事は
物凄く苦手で
光と闇のギャップが激し過ぎて
"私"というかたちを見失っていた。


弱さを受け入れて
嫌いだった"私"を好きになれた。
二人の自分はいなくなっていた。
強がっていた私と
夢を見続け弱さを認めず何事にも逃避する私が。

自分の悪いところも良いところも
なにもかもすべて手にとると
"私"自身を凄く知る事が出来る。

嫌いのままじゃ弱いままで
強がっているままじゃもっと弱いままでいる。


無理せず少しずつ一つずつ
この手に触れて感じて受け止めて問い掛けて
見つけて思うこと
"好き"ということ。

自分の弱さを
素直にまっすぐに受け止める勇気。
前へ踏み出す勇気。
"私"と言う自分を愛する勇気。
"私"と言うものを知る勇気。

私自身に足りない勇気はたくさんアル。

でもね、
私は人に分かられる様なものじゃないから。
私は私しか分からないものだから。

"私というもの"

----- キ リ ト リ -----
[PR]
by rikka-mode | 2005-10-19 00:00 | 属性的にはノーマル